diosra2’s blog

iOSの脱獄、ダウングレード

iOS 6.1未満では新規Apple IDは弾かれる。

iOSのダウングレードに関する記事を散々書いておきながら、このことを忘れていたので記しておきたいと思います。

ほとんどの場合、購入、初期起動時までにはApple IDを作成するため、また購入時のiOSのバージョンよりも古いバージョンを使用することはないため、この問題自体を知らない方も多いかもしれませんね。

 

実は、新規Apple IDではiOS 6.1未満でログインすると「iOSアップデートが必要です」と表示され、ログインできません。

 

多くの場合、iOS 6.1未満のiOSを利用する場合はiOS 6.1未満が最新バージョンである頃にIDを作成しているため、問題は一切発生しません。が、新たにIDを作成する場合は注意が必要です。

 

問題が起きるIDと作成時期

iOS 7以降に作成されたApple ID

 

問題が起きるバージョン

iOS 6.1未満

(iPhone 3G以下、iPad (初代)iPod Touch 第3世代以下のデバイスでは、iOS 6.1以降にアップデートできないのでログインできません。)

 

私は、iOS 6.1.3の時に作成したIDがあるのですが、こちらのIDでは問題なくログインできます。しかし、iOS 7以降に作成のIDではログインを弾かれてます。

この問題は多くの場合、iOS 7以降にiOSデバイスを入手したユーザが、iOS 6.1未満のiOSを操作した際に生じていることでしょう。

残念ながら、解決策はありません。なぜなら、今から新規作成してもiOS 6.1未満ではログインを弾かれてしまうからです。この場合、旧バージョンのiOSデバイスを入手する際はiOS 6.1以降のデバイスを狙いましょう。

Copyright (C) 2017-2018 Diosra2. All Rights Reserved.