diosra2’s blog

iOSの脱獄、ダウングレード

iPhone 3GSのあれこれ。

iPhone 3GSでは製造年ごとにBootRomやUnlock、ダウングレードできるiOSが異なります。

2018年の世でやることじゃない気がしますが、とりあえず整理して表にしてみます。

(*表の下に、項目ごとの解説が入ります。)

 

表の見方

シリアルナンバーを基にしています。整備済み品などはこれには当てはまらないので注意。

Serial Number (設定Appから確認できます。)を 「xxYWWxxxxx」 とすると、

Y = 製造年 [2009年:Y = 9, 2011年:Y = 1]

WW = 製造週 [第1週目: WW = 01, 第45週目:WW = 45]

例: 『8992988701』(3桁目が94,5桁目が2,9)なら200929週目

Serial number

939以下

940~945

946~102(?)

103(?)~133

134~225(?)

226(?)以降

BootRom

Old

Old or New

New

New

New

New

iPad BB

Yes

Yes

Yes

Yes

No(Brick)

No(Brick)

iPhoneOS 3.x

Yes

Yes

Yes(?)

No(?)

No

No

iOS 4.x

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes(?)

No

 

・BootRom

939以下なら確実にOld (旧ブートロム)、946以降なら確実にNew (新ブートロム)です。

940から945では、基本はNewだと思っていいですが、新旧が混在しているらしいです。

その場合はDFU ModeでPCに接続し、Bootromのバージョンを確認することでどちらなのかを確認できます。『Bootrom 359.3』ならOld、『Bootrom 359.3.2』ならNewです。

OldはBootromに0x24000 Segment Overflowとalloc8 exploit、limera1n exploitの脆弱性を持っています。対してNewでは0x24000 Segment Overflowのみ修正されています。ダウングレードではOldが圧倒的に有利に働きます。

 

・iPad BB

iPad Basebandが適用できるかを表しています。

133未満ではiPad Basebandを適用できるので、iPad BBである06.15.00にダウングレードすることで、ultrasn0wでアンロックできます。ただし、このままではGPSがおかしくなるので、続けてredsn0wで05.13.04にダウングレードすることで正常にアンロックできるようになります。

134以降ではiPad BBは適用できません。時期的にiOS 4.1以降である可能性が高いため、アンロックもできません。

このデバイスにiPad BBを導入しようとすると、デバイスのBBが壊れます。BBが壊れた場合、修復することはおそらくできません。絶対に導入しないでください。

 

・iPhoneOS 3.x

YesならiPhoneOS 3.xにダウングレードできます。Noなら復元時に28エラーを吐きます。

シリアルの報告的には103以降ですが、2011年以降製造の3GSはできないと思ったほうがいいです。が、2010年後半も正直なんとも言えないです。2009年なら問題ないでしょう。

 

・iOS 4.x

YesならiOS 4.xにダウングレードできます。Noなら復元時に28エラーを吐きます。

シリアルの報告的には225以降ですが、2012年以降製造の3GSはできないと思ったほうがいいです。2011年もできないのが混じってるかもしれません。

2009年~2010年なら問題ないでしょう。

 

・結論

いまから3GSをいじる人は、おそらくあれこれ遊びたい人だと思います。

特に、新規で中古購入を考えている場合、シリアル(YWW)が939以下、最低でも9xxのものを選ぶといいと思います。ですが、2009年製のはほとんどの場合がボロボロでしょうし、状態の綺麗なものを選ぶのも手かもしれません。

Copyright (C) 2017-2018 Diosra2. All Rights Reserved.