diosra2’s blog

iOSのJailbreak、ダウングレード

iOS 9.3.5のアクティベーションを完全に回避してみた。


iOS 9.3.5脱獄ツールの調整中に思ったんですが、アクティベーションって時間かかるし面倒なんですよね。ネットワークに接続しないといけないですし。

最近ですと、iPhone 4s以降はSIM入れなくてもアクティベーションしてくれますが...。

ということでアクティベーションによってどのようにデバイスが使えるようになるのか、ということを調べたので記しておこうと思います。

*注意

この記事の内容はアクティベーションがどのように動作しているのかを考察したもので、ロックを解除するためのものではありません。

また、これはアクティベーションロックを突破するためのものではなく、アクティベーションを知るためのものです。読み物だと思ってみてください。

はじめに

アクティベーションシステム

iOS 9.3.5にはアクティベーションステータスが以下の3つ存在します。

*Unactivated

*Activated

*FactoryActivated

一番上のUnactivatedは未アクティベーと状態、したがってアクティベートされていない時のステータスです。デバイスではアクティベート要求画面、iTunesに接続してもアクティベートを求められます。

Activatedはアクティベート後のステータスです。このモードでは通常通りに使用できます。

FactoryActivatedは工場用のオプションです。おそらくPurpleFATあたりでアクティベーションしているのかなと。通常ではこのモードはあり得ません。このモードでは通常通りに使用でき、iTunesに接続しても通常通り動きます。

また、そのほかにBrickStateというものが用意されていて、初期状態ではTrue、アクティベートをかけるとFalseにステータスが変化します。

Unactivated状態ではBrickState=Trueとなっていて、iOSデバイス側ではSetup.app(初期設定画面)が起動してアクティベーションを試みます。

アクティベーション時にはBrickStateがFalseに書き換えられ、SpringBoard.app(ホーム画面)にアクセス可能になります。

以上の2点をまとめると、デバイスのアクティベーション時には、デバイスはステータスをActivatedまたはFactoryActivatedに設定し、BrickStateをFalseに設定することで、デバイスを完全に通常通り使えるようにします。

f:id:diosra2:20190214024303j:plain

まとめ

デバイスは2つのステータスによってデバイスをアクティブ化できる。


Copyright (C) 2017-2018 Diosra2. All Rights Reserved.