diosra2’s blog

iOSのJailbreak、ダウングレード

GPPLTEなどのICCID SIMロック解除を脱獄して維持する。


先日、ドコモがiPhone 6s以降(?)のSIMロック解除について、中古でも受け付けるということを発表しましたね。しかし、KDDIやSBでは対象外のほか、iPhone 5sなどの古いデバイスは対象外ですね。

それらのデバイスでは、GPPLTEなどのツールでアンロック可能です。古いデバイスでは下駄がなくても、脱獄することでSAMを使ってGPPLTEなどが行っていることと同じことを行うことも可能です。

 

下駄unlockには初期化すると元に戻るという欠点がありますね。

現在では常に供給されているので問題ではありませんが、Appleが完全対策すると、この方法は無効になってしまいます。(できるのかは知りませんが...。)

対策されました。

しかし、脱獄できれば保存しておいたアクティベーションを戻せるので、今回はそれを記しておきます。

 

アクティベーションを保存して維持する方法(バージョン別)

~ iOS 6

iOS 6以前では、だいたいのツールでは脱獄するとafc2が有効になります。

これらのデバイスにはredsn0wにアクティベーションを保存/書きもどしする機能がついています。

ロック解除を行った後、Buckupからアクティベーションを保存します。

f:id:diosra2:20190227125908p:plain

/var/root/Library/Lockdownがzipで保存されました。

 

書き戻す際は、Ticketから今回保存したzipファイルを選択します。

最後に再起動すればOKです。

iOS 6のiPhone 5で、docomoでLTE回線を利用したい場合はこちらをどうぞ。

 

iOS 8(?) ~ iOS 9.0.x (??)

/var/root/Library/Lockdown/ に、activation_recordsが存在しない場合、以下の方法が使用可能です。

 

アクティベーションの保存

アクティベーションは/var/root/Library/mad/activation_records/ に保存されているactivation_record.plistです。これを保存しましょう。

 

アクティベーションの書きもどし

ます、上記で保存したアクティベーションを書きもどします。

その後、以下の2ファイルを削除し再起動します。

/var/root/Library/mad/activation_records/data_ark.plist

 

/var/root/Library/Lockdown/data_ark.plist

 

解除されました。iOS 9.0.2ではiPhone 5でもキャリアアップデートをすることでドコモのバンドルが使用可能になり、脱獄せずにLTEを有効化できました。

 

iOS 9.3 (?)以降

/var/root/Library/mad/activation_records/activation_record.plistがない場合、以下の方法が利用可能です。

アクティベーションの保存

アクティベーションは

/private/var/containers/Data/System/RANDOM_GUID_HERE/Library/activation_records/activation_record.plist

です。これを保存しましょう。

(探すヒント(rootで実行): find / -name "activation_record.plist")

 

 

アクティベーションの書きもどし

 


Copyright (C) 2017-2018 Diosra2. All Rights Reserved.