diosra2’s blog

iOSのJailbreak、ダウングレード

GPPLTEなどのICCID SIMロック解除の手法の一部が塞がれる。従来通りSIM下駄が必要に。


こちらで紹介した、SIM下駄不要のアンロックですが、今年の4月に入り、この手法が塞がれてしまったようです。

 

影響

・新タイプのSIMロック解除SIMは使用不能に。(旧来の下駄タイプは引き続き利用可能。)

・SIM下駄を使用して新規でアンロック、またはアップデード(詳細不明??)した場合、SIM下駄なしでは維持不能になる。(永久に下駄が必要)

・SIM下駄を使用したアンロックを行うためにはiOS 12.2以降が必要。(iOS 12.2未満では下駄を使った新規アクティベートができない)

= A7デバイス未満ではICCIDアンロックが使用不可に

 

 

現状、アンロック済みのデバイスには影響はありません。新たに復元、初期化などを行うとアンロックを失い、下駄なしでは解除不能になります。

下駄を入れっぱなし(2018年7月以前の手法)であれば、iOS 12.2以降に限って使用可能です。

iOS 12.2未満だとアクティベージョンエラーが発生します。(以下はiPhone 5s iOS 10.2での画像)

f:id:diosra2:20190403232347p:plain

 

またこちらの方法でアンロックされたアクティベーションを保存した場合は、脱獄することで引き続き維持が可能です。

私のソフトバンク版のiPhone 5でも今まで通りドコモ系SIMが使用できています。

f:id:diosra2:20190403230803j:plain

 

去年の7月下旬から始まったアンロック祭りですが、ここに来て終了となりましたね。

特に公式アンロックも提供されずに、ICCIDアンロック以外安定しないiPhone 5/5cでアンロックできないのは悲しいです。(こんなのを使ってる人自体そんなにいなそうですが...。)

 

最後にアンロック不能、または大きな影響が出ることになったデバイスを記しておきます。

・アンロック不可

iPhone 3GS (BB > 05.13.04, 2011年34週目以降に生産されたデバイス)

iPhone 4 (BB > 04.10.01)

 

・影響大

iPhone 5/5c:ICCID解除が使用不可となり、TMSI解除モードのみが使用可能に。ICCID解除よりも4G/LTEや着信が不安定になります。


Copyright (C) 2017-2018 Diosra2. All Rights Reserved.