diosra2’s blog

iOSのJailbreak、ダウングレード

iOS 12.2以降のSEPを使ってiOS 12.1.2へ復元しないように。


注意喚起も兼ねて。

iOS 12.1.2へは、iOS 12.2 SEPを使用することで、一部デバイスを除いて一応復元自体は成功するのですが、Fortnight bugと呼ばれる致命的なバグが存在しています。

このバグは、パスコード設定後、2週間経過した後に再起動することで発現し、デバイスをブートループさせるというものです。

(私は何度かiPhone 5sをiOS 12.3 SEPを使用してiOS 12.1.2へダウングレードさせましたが、私の環境の場合は2週間以内に必ず復元を行っていたため、この現象には全く気が付きませんでした...。)

 

デバイス別発生状況

iPhone 8系(A11)

そもそも復元時にブートループ報告が多いので、futurerestore自体しないようにしましょう。A12デバイスも同様にやめておきましょう。

 

iPhone 6s, 7系(A9/A10)

復元後、(パスコードを設定した)2週間後に再起動後のブートループ報告があります。

もし復元しなければならない場合、パスコードを設定しないことでこの問題を回避できる可能性があります。

 

A7/A8デバイス

A7やA8デバイスでもこの問題の報告があるようです。(ユーザーが少ないので要検証)。iOS 11.3-11.4.1に復元しなおすのもやめておきましょう。

もし復元しなければならない場合、パスコードを設定しないことでこの問題を回避できる可能性があります。

また、iPhone 5s/iPad Air/mini 2ユーザーの場合、12.2 SEPで12.1.2に復元してしまった場合は一旦『iOS 10.2 - 10.3.3』に退避しておくという選択肢もあります。(iOS 10.2-10.3.3ではこの問題は存在しません。)

脱獄を失わないようにすることで、解決策が有効になった時に再度12.1.2へ戻れるようになります。

 

また、2週間経つ前にもう一度futurerestoreしてリセットという荒技もあります。テストデバイス用ならとりあえずそれでも良いかも...??

 

解決策

現在の根本的な解決策はありませんが、@s0uthwes氏らが、現在署名されていないiOS 12.1.4のSEPを使用して復元に成功したようです。

この手法が有効なら、iOS 12.1.4 SEPを使用することでこのバグを回避できるはずなので、有効な手段となってきます。とりあえずは続報待ちですね...。


Copyright (C) 2017-2018 Diosra2. All Rights Reserved.