diosra2’s blog

iOSのJailbreak、ダウングレード

iPhone 5などの32-bitデバイスでiOSを維持してGPSを修正する。


2019年11月3日以降、GPSタイムロールオーバー問題により一部のデバイスでGPSを使用したサービスの一部が利用できなくなることが判明しましたね。

 

iPhone 5の場合、iOS 10.3.4にすることで解決しますが、実際のところはbasebandのアップデートのみでこの問題は解決可能です。

appleがiOSバージョンで制限をかけなかれば、以下の手法を使用して旧バージョンを使用しつつGPSタイムロールオーバー問題を回避できるはずです。

 

注意: 全て自己責任で。

 

1) デバイスから現在のデバイスのiOSのSHSHをDumpする

SHSHは、簡単に言えばiOSの起動時の検証に使われている署名です。

これはデバイス・バージョンごとに異なるので、旧バージョンを維持するには必須です。

*脱獄が嫌な人向け: もう少し我慢すればcheckm8により、脱獄なしでSHSHのDumpが可能になります。

 

2) futurerestoreでiOSを復元

User$ ./futurerestore --use-pwndfu -t ticket.shsh --latest-baseband ipsw

 

これでバージョンを保ったまま最新ベースバンドに復元できます。

多分大丈夫だとは思いますが...実際に修正できているかどうかは2019年11月3日以降に確認します...。


Copyright (C) 2017-2018 Diosra2. All Rights Reserved.